ホーム>スタッフブログ>部材から施工事例見る>金属補修

金属補修

玄関の枠がエグレました~浦和区上木崎~

施工前
施工前

最近はベン・フォールズ・ファイブに癒やされてます。

花房です。

 

さて!今回は新築現場の玄関の枠部分のリペアです。

最近玄関周りのトラブルが多いような。。。

施工前を御覧ください。

何かモノがぶつかったのでしょうか?

角が潰れて傷ついています。

 

新築物件のキズは必ずと言っていいほど出ます。

もちろん人やモノが出入りしている場所ですし、新品なのでキズも目立ちます。

 

殆どのハウスメーカーさんは養生をしっかりやられていますが、

養生をしっかりしていない現場や、慌ただしい現場、整理整頓されてない現場は

キズの量が多い気がします。

 

リペアは、新築現場の最後の最後で入ります。

ですので、その新築が建つまでついた殆どのキズを請負ます。

かっこよく言えば「最後の砦」みたいなものです。

 

ですので、しっかり最後は入居者様が気持ちよく入られるように施工してます。

 

しかも、新築現場は夏は目眩するほど暑く、冬は体が氷るくらい寒いので体力的にも精神的にも過酷です。

 

そして、施工後の写真を御覧ください!

 

一つのちょっとしたキズでも、一生懸命リペアします!

建築業界も繁忙期に差し掛かっていますが、是非ワイズリペアにおまかせ下さい。

玄関ドアの枠の凹み~渋谷区本町~

施工前
施工前

寒くなってきたので、最近は職人S口くんがベトナムで買ってきてくれたコーヒーで温まってます。

 

さて!今回は玄関の枠の凹み補修です。

施工前の写真を御覧ください。

今回は金属部であり、さらに色の模様と、木の凹凸(道管部分)の再現が必要になる難しい補修でした。

 

もちろん、玄関部分なのでキズがかなり目立つ部分になります。

補修しても補修したとバレやすい部分でもあります。

 

ですので、今回の補修については細心の注意と、細かさが求められるリペアでした。

 

凹凸の模様の再現はかなり根気のいる、そして時間のかかる作業です。

2017111611526.JPG

画像を御覧ください。

一度パテで埋めてしまった凹凸をちょっとずつ道管の模様を再現していきます。

前にもご説明しましたが、金属部の凹みは見かけはちょっとでも、かなり広範囲凹んでいる可能性もあります。

そこを全てパテで埋めて平らにするわけですから、模様の範囲もかなりのものです。

一つ一つ周りを見て馴染むかどうか、模様が多すぎないか、少なすぎないか。

艶はあっているかどうか、色味は違和感ないかどうか。

 

リペアは条件がたった一つでも増えるたびに、作業が何倍にもなってきます。

もちろん、極端に言えば1箇所で1日使う時もあります。

 

そして、施工後の写真を御覧ください!

 

凹みはもちろん、色、模様も再現しました。

金属部のリペアも、是非ワイズリペアにご相談下さい!

 

[マンション]玄関ドアの凹み~千葉市中央区~

施工前
施工前

車で移動が大半のワイズリペア。

トランプ渋滞にはまらないか心配です。。。

最近東京はヘリコプターも多く飛んでますが、トランプさんの影響ですかね?

 

今回ご紹介するのは「玄関ドアの凹み」です!

皆さん、マンションのドアは実は内側と外側で所有者が違うことをご存知ですか?

 

マンションなどの集合住宅は、個人所有部分(専有部分)と共同で管理する部分(共有部分)で分かれています。

先程書いたように、内側は「専有部」、外側は「共有部」になりますので勝手にリフォームや修理などは出来ません。

区分所有法という法律で定められています。

具体的には下の図をご覧ください。

2017117101840.jpg

 

それでは、今回のような外側の凹みの場合はどうするか?

基本は外側なので「共有部」になりますので、管理会社が対応します。

しかし、例外もあります。

故意に傷つけた場合は管理会社・管理組合にその旨を伝え、了承の上で入居者が自己負担で対応する場合や、大規模修繕や災害での破損はオーナー負担する場合など、様々なケースもありますので、マンションでの補修やリフォームの際にはまず管理会社・管理組合さんにご相談下さい。(取り決めで異なる場合もあります。)

「専用部・共用部のどちらか」

「対応は入居者か管理会社か」

「費用負担は誰がするのか」

ということがはっきりした上で初めて施工出来ます。

 

一般のお客さまは是非お気をつけ下さい。

今回は管理会社様からのご依頼でしたので、そのまま施工させて頂きました。

 

マンションの玄関ドアは殆どが「金属ドア」。

金属ドアと言っても様々種類があります。

一般的な種類としてはアルミ形材・コート鋼鈑・ステンレスなどがあります。

 

玄関ドアは様々な色もあり、また鏡面になっているドアもあります。

(鏡面ドアについてはリペアできない可能性もございます)

 

それでは施工後・施工前の画像を御覧ください!

 

大きく深く凹んだ玄関ドアがキレイになりました!

やはり生活していて、玄関ドアに大きな凹みがあると嫌ですよね?

もちろん、ワイズリペアは吹き付け塗装をしますので色や塗料の耐久性も一般の缶スプレーよりクオリティー高く施工できます。

 

共用部である玄関ドアの補修や、アルミサッシ、ベランダの手摺なども是非ワイズリペアにお任せ下さい!

窓のサッシに穴が!~港区芝浦~

施工前
施工前

いつも元気なワイズリペアでも一番元気な花房です。

 

今回のご紹介は、前回は「木」だったのですが

今回は「サッシ」です!「アルミ」です!

 

実際、この現場は高級タワーマンション。

わたしもいつかは住んでみたい。。。

でも地震とか家事とか上の階の人はどう逃げるんだろう?

ブルース・ウィルスみたいに、ガラスを破るのか?

 

と言うのは置いといて。

 

写真は2箇所なのですが、実はこれが無数に!

 

でも、できるんです!

 

アルミもいけるんです。

 

施工後の写真を見て下さい!

 

キレイでしょう?

 

都会の背景が。

じゃなくて、リペアが!

 

青山や、赤坂や、芝浦の高級マンションも任されいている弊社!

技術力では負けません。

 

どうにもならないかもしれない時の「ワイズリペア」。

正義の味方気分で、日々施工に精進しております。

手摺の凹みが!~中央区築地~

施工前
施工前

カレーが好きと言うと

バカっぽく聞こえるけど好きです。花房です。

 

今回ご紹介するのは、手摺の凹み!

これはかなりひどい状態です。

 

企業秘密でお伝えできないところもありますが

これもワイズリペアはいきます!

 

窓のサッシなどは、一つの部分の凹みが

じつは広範囲に凹んでいることもあります。

 

2017829173621.png

そのため、広範囲でパテを打ち、平らにヤスリをかけ、

塗装もしなければいけません。

今回の手摺は頑丈で部分だけで良かったので助かりました。。。

 

しかし今回は丸い部分なので、丁寧に凸凹にならないよう

パテの形を整えていきます。

 

2017829173832.JPG

 

ご覧の通り、形が復活しました!

境目も段差になっていません!

 

そして、塗装タイム!!!

これが難しい!!!

色も艶もまわりと合わせなければならない。

合わせられるのは「職人」だけです!!!

 

そして完成が施工後の写真。

どうでしょう?

また「違う箇所撮影したんじゃないの?」

って言われそうですが、本物です!モノホンです!

 

鉄の部分はどうしようもないと思っているあなた!

是非参考にして下さいね。

世田谷区にあるマンション現場での玄関扉補修

施工前
施工前

こんにちは。

 

今回の案件は世田谷区にあるマンション現場の玄関扉補修です。

 

こちらの玄関扉はスチール製の扉で下部が経年劣化で錆付き所々膨れ上がっていました。

 

なので下地作りに時間がかかりましたが2日間かけて仕上げました。

 

当社は常に色々な案件をしていますので幅広い技術をご提供出来るかと思います。

 

他社ではHPに乗っている画像は少なく現状は誰がやったのかわからない物が多く、職人さんによっては技術の差がありすぎるのでそれに困っている業者様も多々

いるのではないでしょうか?そんな中、当社は極端な差はなく常に技術を研究していますので、

 

他社で出来ない案件は当社のにお任せ下さい。

 

 

アルミサッシ枠の樹脂割れ補修

施工前
施工前

こんにちは!

 

今回は千葉県船橋市の現場です。アルミサッシの樹脂枠が割れてしまった為補修のご依頼を頂きました。

 

ガッツリ割れていた部分を丁寧に下地を作り補修しました。

 

天気も良く外作業だったためかなり熱い中の作業でしたがスムーズに作業ができ良かったです。

 

一般のお客様、建設会社様、工務店様等、難しい案件は是非当社までご相談ください。

大田区、マンション大規模修繕工事でアルミサッシの傷補修

施工前
施工前

今回はアルミサッシの傷補修です。

 

大規模修繕中に何かをぶつけてかなり大きく凹んでいました。

 

色はよく使われているステンカラーです。

 

写真の通りまったくわからなくなりました。

 

是非、当社の技術を一度お試しください。

大田区にあるマンション現場でのアルミサッシ補修

施工前
施工前

千葉県浦安市のマンション現場です。

 

依頼主様は、大規模などを手掛けている会社様になります。

 

今回は、アルミの枠が劣化して下端に穴が開いてました。そのほかにもその周りが劣化していたのでそのあたりも補修しました。

 

アルミサッシの凹み補修

施工前
施工前

今回は、世田谷区にある銀行の現場です。

 

アルミサッシの枠にかなり大きな凹みがありました。

 

色が出しにくいシルバーのアルミサッシでしたがなんとか完了しました。

 

この他にも3か所、夕方からの作業開始現場だったのでかなり今日は疲れました。