ホーム>スタッフブログ>部材から施工事例見る>特殊補修>浴室

浴室

浴室の床のシート貼りリペア~埼玉県入間市~

施工前
施工前

急に寒くなって冬支度を急いでいる方も多いのではないでしょうか?

早速、私も冬の頼れるお方ヒートテック様を出しました!

裸でヒートテックだけを履くと江頭になりがちの花房です。

 

さて!本日は昨日に引き続き「シート貼り」の施工例です。

今回は浴室のシート。シート貼りでも少し特殊な施工です。

 

施工前の写真を御覧ください。

床の色が変色し、色が濃いところと薄い所がまだらになっています。

恐らく強い酸性の洗剤を使って清掃したかと思われます。

もちろん、経年劣化もあるとは思いますが。

 

さて、ここに浴室用シートを貼ります!

ものは老人ホームでも使用されているシートです。

特徴としては、、、

①冬でもヒヤッとしにくく、ヒートショックを軽減します。

②クッション性もあり、転倒時のショック吸収も期待できます。

③水に濡れても滑りにくい構造になってます。

④水はけもよく、乾きやすい素材です。

 

こんな魔法のようなシートをご存知でしょうか?

特にご年配のいらっしゃる住宅にはもってこいの浴室用シートです。

もちろん、老後の事も考えても特しかありません!

 

それでは作業開始!

 

①まず下地処理をしていきます。軽くペーパーをあてていきます。

20171019103634.JPG

②次に、ペーパーで出た粉を拭き取り、洗って脱脂します。

20171019103925.JPG

③乾燥させ、シートを浴室床の形に裁断するため細かく測ります。

20171019103410.JPG

④シートをカットしていきます。(今回は車庫をお借りしました)

20171019104041.JPG

⑤ある程度カットしたら、ピッタリ床の形になるよう微調整していきます。

20171019104151.JPG

⑥養生をし、専用のボンドを塗り、30分~60分放置します。

(この時間を取らなければ、ボンドからガスが出て剥がれる原因になります)

20171019104625.JPG

⑦時間をおいたら、いよいよシートを貼ります!

空気が入らないよう、ローラーなどでしっかり圧着していきます。

20171019104814.JPG

⑧圧着できたら、シートの縁をコーキングしていきます。

20171019105024.JPG

 

そして、完成!!!

施工後の写真を御覧ください!!!

 

時間としては半日強くらいかかりました。

シート貼りは細かい作業をどこまでできるかがキーポイントです。

 

ご依頼主も、前の床より性能もよくなりご満足頂けました!

これで、気持ちよく毎日お風呂に入って頂けますね!

 

お客様が弊社の施工で、気持ちのよい日々を送って頂けることがなによりの喜びです。

 

浴室関係でお困りの方は是非ワイズリペアにご相談下さい!!!

 

浴槽にヒビが!!!~立川市曙町~

施工前
施工前

最近はとても過ごしやすくなってきましたね!

そして、最近、このブログを見て頂き、

新規のお客様にも沢山お問い合わせを頂いております。

 

本当に有難いと思い、この場で感謝申し上げます!

 

さて、今回のリペアは浴槽のヒビ!

俗に言う「クラック」というやつです。

 

浴槽は特殊な素材ですので、これが本当にできる職人はあまりいません!

ご要望もあり、浴槽全体的な再生塗装も受け賜りました。

 

【施工前】

201710410324.JPG

【施工後】

2017104102847.JPG

 

クラックの補修は、「FRP」というガラスの繊維を貼り付け、固めて

リペアしていきます。

 

しかし、弊社が一番大切にしていることは「下地処理」という工程です。

この工程は、ハッキリ言って地味一番時間がかかり、体力と集中力がいります。

 

この工程を一番大切にしているからこそ、弊社は高いクオリティーで施工できています。

誰しも地味で時間がかかって、体力と集中力がいる作業は嫌ですよね?

 

じゃあ、手を抜けば良いのか?

 

否!

下地がダメであれば全てダメです!

 

どんなキレイな塗装をしようが、下地処理を怠っているところは

ごまかせません。

弊社のやり方は企業秘密ですが(笑)。

 

これは、弊社の代表が職人全員に厳しく言っていることでもあります。

このような特殊な施工ができるのは、道具や材料もそうですが

職人の意識が全てを左右します。

 

どんな腕の良い職人でも、大きな企業でも、手を抜こうとすれば抜けます。

 

ですが、ワイズリペアは手を抜きません!

 

お客様にご満足頂けるクオリティーをいつでも追い求めています。

そして、プロ職人であるというプライドを大切にしています。

そのために、お客様に一番合った施工を弊社ではご提案させて頂いております。

 

その他、洗面ボウルや、人造大理石、浴室床・パネルなど一見難しそうなリペアも

一度、ワイズリペアに画像とともにご相談下さい。

 

今後も、日々研究し精進しながら皆様のお役に立てるよう

走り続けていきます!

浴室パネル錆び補修(国分寺市恋ケ窪)

施工前
施工前

さて、今回は特殊中の特殊・浴室パネルの錆び補修です!

今回は前の業者さんがやった補修箇所が錆びが出てきて綺麗にして欲しいとのご依頼を受けました。
浴室の錆びの侵食は中々止まりません。
一度錆びたらそこからどんどん広がっていきます。

今回は前のパネルを剥がし、錆びを落として錆止めを塗り、新たなパネルを貼ってさらに弊社の特殊な塗装をするという工程で進めました。

施工前と施工後の違いを見てください!

ご夫婦が住まわれている賃貸でしたが、ずっと我慢しながらお風呂に入られていたんんですね。
これで気持ちよくご入浴施して頂けると思います。

ワイズリペアの真骨頂の水回りの補修は特に最近ご依頼が殺到しております。
しかしこれができる職人は弊社には実はただ一人・代表の近藤のみ。

そのくらい水回りの補修は難しく、難易度が高いのです。
もちろん新品と交換するのが一番とは思いますが、中々気軽にできるものではありません。

水回りの補修については注意事項もありますのでしっかり守って頂く必要もございます。
今後も浴室の補修も予約が殺到してますのでお早めにご予約下さい。

お風呂補修について

施工前
施工前

トリプル台風ですね。

みなさん外に出るときは十分注意して下さい!

 

一番好きな食べ物はシーチキンの花房です。

 

さて、本日はお風呂の塗装補修についてお話ししたいと思います!

弊社の特徴でもある「浴室塗装補修」ですが、写真を見たかぎりでは取り替えたようになっています。

 

「この補修ってどんな工程でやるの?上から塗っただけ?」

 

いやいやいやー!

ここまでたどり着くには様々な工程があるのです!

それを今回はご紹介したいと思います。

 

①下地補修処理(研磨する)・部品取りはずし

まずはクリーニングをし、「下地を作る」ところからスタートします。

ここが実は最重要!これで完成が綺麗かそうじゃないか決まると言っても過言ではありません。

塗装に邪魔なシャワーを掛けるところや、タオルをかけるところなどの各部品も外していきます。(実はこれも結構時間がかかります)

凹凸がないように、穴が開いているケースはFRP樹脂ライニング加工をします。

※FRP樹脂・・・ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて強度を向上させた複合材料のこと。

 

②下塗りをする

塗装する前に、しっかり下塗りをして浴槽とこれから塗る塗料の密着性を高めます。

簡単に言うと「ボンド」みたいな役目でしょうか。

あとは以前の下地の劣化による塗料の吸い込みを止める事や、既存の色を消して新しく塗る塗料の色を出やすくする効果もあります。

ここでもペーパーをあてる作業が入ります。

 

③上塗りをする

上塗り塗料は下塗り塗料を塗布した後に塗る仕上げ材の事。
トップコートという言い方もします。
下塗り塗料には通常色はついておらず、この上塗り塗料で色を出します。
トップコートは何回か塗ることもあります。
下地が透けて見えないように、まだらにならないように注意して作業します。
塗料の臭いは耐久性が強ければ強いほどきつくなります。
逆を言うと、臭いが優しい塗料は耐久性がないということです。
臭いがこもらないように強力換気機械で室外に強制排気させます。
 

④仕上げの磨き・部品取り付け

しっかり塗料が乾いたら仕上げに確認をしながら丁寧に仕上げの磨きをします。
また、外した部品も最後に取り付けしていきます。(やっぱりこれがまた大変なんです)
 
 

最後に

この工程を弊社は丁寧に仕上げるため最低でも1日1項目で行っています。

ですので最低でも4日は施工致します。状態や部材によってはもう少しかかる場合もあります。

丁寧にある程度時間をかける理由としては、きちんと塗料が乾いていなかったりすると耐久性が落ち、お客様が使ってすぐに塗料がはがれてしまいます。

それでも取り替えの費用や時間を見ても、塗装補修の方がお金と時間のコストは低いです。

また、弊社は海外でも高い評価を得られているホーク・リサーチ・ラボラトリーズ社の代理店「浴室浴槽塗装リグレーズ本部・TBM JAPAN」の会員として、特殊な塗料を使用しておりますのでご安心下さい。

ホークス社とは?

 
 
 
いかがでしたでしょうか?
言葉ではなかなかお伝えできません。
もちろんただ画像を見ただけでも細かいニュアンスは伝わりにくいですよね。
ただこれだけははっきり言えます。
 
弊社が施工したお客様にはご満足頂けているということです。
極端に費用が安かったり、施工期間が短い業者様もいらっしゃいますがお客様にご満足いただくためにワイズリペアは妥協いたしません。
 
気になる方は一度ご相談頂ければ幸いです。

調布市にある木造アパートの浴室再生塗装

施工前
施工前

こんにちは!

 

久しぶりの投稿です。なかなか投稿できなくてすみませんでした。

今回の案件は調布市にあります木造アパートの浴室再生塗装です。

 

施工前はシミなどで汚れていましたが、御覧の通り施工後は新品同様の仕上がりになりました。

 

浴室など水回りの補修は当社までお問い合わせ下さい。

 

 

荒川区にあるマンション現場の浴室の床補修

施工前
施工前

ご無沙汰しています。

久しぶりの投稿になります。

 

今回のご依頼者は何かとお世話になっておりますお得意様です。

 

浴室の床を磨きすぎて傷をつけてしまったと言う事でご依頼を頂きました。

 

御覧の通り排水溝の周りが傷になっています。

 

水回りの補修と言う事で当社にご依頼いただきました。

 

何かと難しい補修は当社までご相談ください。

 

 

神奈川県相模原市にある戸建現場での浴槽再生塗装

施工前
施工前

今回のお客様は一般のお客様からのご依頼です。

 

人工大理石の浴槽で、全体的に剥がれが出ていました。

 

浴槽の交換となるとかなりのコストがかかるため今回は全面ライニング加工をし再生塗装を施しました。

 

 

GW中も当社は大忙し!

 

傷のことなら当社までお問い合わせ下さい。

 

 

品川区のマンション現場での浴槽剥がれ補修

施工前
施工前

今回は品川区のマンション現場での原状回復工事です。

 

浴槽の底には小さい傷が何か所もありました。

 

このぐらいの傷でしたら一日で完了します。

 

お得意様のお客様も満足しており良かったと思います。

浴室の補修とリフォーム

施工前
施工前

今回は、一般のお客様のご依頼です。

 

渋谷区のマンション現場で浴槽の汚れが取れないということで研磨コーティングをし新品の艶を取り戻しました。

 

床は、既存の柄や色を変えたいというこだったのでお客様と相談し、ベージュの色に塗装しました。

 

化粧台も研磨コーティングでピカピカに。

 

お客様には大変満足していただきました。

マンションの浴槽再生塗装

施工前
施工前

今回の現場は文京区にあるマンション現場です。

 

浴槽のコーティングをしてほしいと言う事でこの他にも違う部屋であわせて3件の現場をいただきました。

 

仕上がり後、お客様もたいへん満足していただきましたので良かったと思います。