ホーム>スタッフブログ>部材から施工事例見る>木部補修>その他

その他

木口もキレイに塗装します!~船橋市海神~

施工前
施工前

こんにちは!

ハロウィンというイベントを勇気がなくやったことのない花房です。

 

今回ご紹介するのは「木口塗装」!

木口とは木材を切った断面のことです。

 

一般の方には馴染みが薄い言葉でしょうが、

家を建てる時は最初の木の断面はまっさらな木の素材なんです。

(施工前の写真をご覧ください。)

 

そこを他の部分と同じように塗装します!

他の方法としてはシートを貼ることもあります。

今回は塗装施工です!

 

もちろん、切った断面ですのでキレイに下地処理をしなければなりません!

表面をペーパーで真っ平らにするのがコツ。

これを怠ってるとキレイに塗装できません!

 

あとは絶対に弊社でも気をつけているのが「養生」。

養生とは、塗装市街の部分を保護することです。

塗装では意外と塗料の粒子が舞うので、他の場所につかないようにしっかりやります。

(これを怠っていると、クロスや床などに塗料がかかり、大変な事に。。。)

 

今回はハウスメーカーさんの依頼で、新築現場ですので特に気をつけました!

もちろん、調色もしっかりやって違和感のないようにしなければなりません。

 

そして施工後の写真を御覧ください!

 

しっかり艶も合わせ、完成です。

年度末に向けて補修業者を探されている業者様、是非ご参考下さい。

エリアも東京・埼玉・千葉・神奈川と関東圏内であればご相談下さいね。

玄関框シート貼り!~世田谷区祖師谷~

施工前
施工前

東京は吉祥寺。

最近、海外ドラマの怖いやつを見ていて

毎晩夢でゾンビに追われている花房です。

 

さて、今回は久々のシート貼り補修!!!

玄関の框の色が発注と違ったため、ご依頼を受け賜りました。

 

今回は、ダイノックシート(シールみたいなもの)が無く

メーカーさんから直接シートを取り寄せて貼りました!

さらに、そのシートは全くコーティングされていませんので

最後にクリア塗装もします!

 

問題は、シートがシール式でなく、接着を自らしないといけないところ。

早速ホームセンターに専用の接着テープを購入し、施工しました。

 

「貼るだけだから、簡単でしょ?」

 

と、思われがちですがこれが、、、

 

下地処理→接着テープ貼り→シート貼りと工程自体はシンプルですが

一つ一つが細かい作業であり、玄関の框全体となれば面積も大きいです!

 

 

イメージとしてはスマホの保護シートのメートル単位版だと思って下さい。

 

もちろん、塵も入ってはいけませんし、気泡も入ってはいけません。

特に角の部分もピッタリとミリ単位(もっと細かいかもしれない)で

調整しないといけません。

 

施工後をご覧下さい!

 

いかがでしょうか?

ただの真っ白の框がフロアと同じ石目柄に大変身!

ご依頼主も大満足の施工でした。

クリアで艶調整をし、本当に工場から出荷されたものと同じようになりました。

(工場と同じ工程でやったので当然ですが。。。)

 

このように、シート貼り補修はかなりリペアの幅が広がります。

 

この他にシート貼りが有効な場所は、、、

・ドア

・出窓カウンター

・キッチン収納扉

・下駄箱

・建具

・平らな2階の手すり

 

など、平らな部分には力を発揮します!

(凸凹になってる表面は施工出来かねますが)

 

リペアではなくとも模様替えとしてもご利用頂けます!

ご興味がある方は是非お問い合わせ下さい。

 

飲食店のカウンターをピカピカに!~中央区銀座~

施工前
施工前

こんにちは!

政治が揺れていますね。。。

とにかく、国民一人ひとりに実感のある政策を練ってもらいたいものです。

 

さて!今回は大変大きな仕事をお任せ頂きました!

銀座にある高級飲食店の新装のリペアです。

ここのメインイベントは大きなカウンターです♪

経年でお店のカウンターは表面が削れたり、傷ついたりしていました。

また、タバコの焦げ跡なども立ちます。

色もくすんで、少し不衛生にも見えますよね?

 

そこで、弊社にお呼びがかかりました!

 

高級飲食店ですので、もちろんクオリティーも求められます。

多数高級タワーマンションなどの経験もありますが、大きなプレシャーの中、やり遂げました!

 

カウンターの大きさは、4.5m×1mくらいの大きさ。

表面の塗装をまず剥離剤で剥がし、取れきれなかった部分は削って剥離していきます。(これがすごく体力と気力が必要でした。。。)

そして、しっかり下地を作って、ホコリの入らないよう最新の注意を払って再塗装していきます。

もちろん、ピカピカにするために最後の仕上げ磨きもしっかりしました。

施工期間としては範囲が広く、クオリティーも上げたいので、カウンターだけで5日間くらい頂きました。

 

お店の高級感・清潔さが一気に上がり、これで大繁盛間違いなしです(笑)。

 

店舗の外観・内観は「お店の顔」です。

食べログやぐるなびでも、必ず皆さんも見て決められますよね?

たまに写真が開店当時の写真で、行ったら全然キレイじゃない経験もありますが、そうしたら次は行きません。

そこでリピーターを逃す可能性もあります。

日々の清掃はもちろん必要ですが、経年の劣化はどうしようもありません。

 

その他、飲食店以外でもこんなところでもリペアが必要かと思われます!

●アパレル店

●美容院

●カフェ

●百貨店

●その他、高級思考の店舗

 

などなど、リペアは経年で交換を考えている店舗様の味方です!

交換より、費用も抑えることもできます。

 

是非、お店の内観を見渡して下さい。

もし、気になるところがございましたら是非ワイズリペアにご相談下さい。

また、セットでハウスクリーニングもお申込みのお客様につきましては勉強させて頂きます!

 

洗面所の謎の隠し台 ~世田谷区経堂~

施工前
施工前

こんにちは!

シンプルに焼肉が食べたい花房です。

 

今回はブログで説明するのが大変困難な場所なので

タイトルには「洗面所の謎の隠し台」とつけさせて頂きました。

 

恐らく、洗剤とかを収納しておく棚なのですが

開くと大きな台になるという謎の隠し台です!

2017828154231.JPG

 

これが。。。

 

2017828154258.JPG

こうなります!

 

 

洗濯物とかを置くようにできてるのでしょうか?

かがまずに出し入れができますね!

腰への負担を軽減できます。

 

その一部分が

施工前の写真の通り、ヒビが入り、割れてきています。

 

 

さて、このリペア、どういう工程でやるかというと・・・

 

1.まず、思い切って割れた部分をエグります!

2017828154921.JPG

これをやると、必ずお客様にはびっくりされます。

「余計に傷つけてどうするの!?」と。

しかし、キズや割れなどは一度リセット状態から始めます。

「接着剤で割れたところをくっつければいいんじゃないの?」

というお声もありますが、そうもいきません!

また剥がれる可能性も高いですし、強度が保てません。

ですので、まずリペアは「キズやヒビをリセットする」作業

からスタートします。

 

2.パテを打って、形を整えます!

2017828161121.JPG

色が違うところが、パテで埋めた箇所です。

ヤスリで平らになるまで、形を整えます。

ご覧の通り、部材と一体化し、強度が出ます。

(もちろん、新品と同じ強度ではありませんが)

特に注意するとことは、「境目を出さない」というところ。

ここが職人技です!

ナノレベルで境目に段差が出ていないか、何度も何度も

指で触って、違和感があればまたヤスって。

の繰り返しをします!

 

3.他の部分と馴染むように塗装します!

2017828161643.JPG

ここがリペア職人の見せ所!

「塗装」です★

今回の部分は「ホワイト」ですが

ホワイトにも何百種類とあります。

そこを見極め、塗料の色の配合や分量を決めていきます。

弊社では缶スプレーは使用せず、「吹き付け塗装」が基本ですので

色の微調整も可能です。

これは、かなりの職人技で、艶なども気をつけて塗装していきます。

 

 

そして完成が施工後の写真。

いかがでしょうか?

色もなじんで、ヒビがあったとは思えない仕上がりになっています。

(※念のため、新品の写真ではありません!)

 

木部の割れは、時間はかかりますが

施工後は本当にお客様に満足頂けます。

 

是非、住宅の様々な部分を今一度見渡して見て下さい。

ずっと気になっているキズなどがあると思います。

 

そして補修によって、キズのない

気持ちのいい毎日を味わうことができることを

皆さんにもっと知って頂ければ幸いです。

新築の補修「方向変色」に注意!(杉並区春日町)

お盆も終わり、さあまたしっかり補修、補修!

お盆中も弊社は稼働していましたが(笑)。

 

さて、お盆期間中も新築物件の補修も頑張って参りました!

 

今回は普通の木部のキズと、窓の近くの木部塗り、クローゼットの棚の継ぎ目が凸凹になっていた箇所のパテ埋め・塗装をしました。

ものを落としたり、引っ掻いたりしたキズは比較的スムーズに補修できるのですが、「パテ埋め」や「塗装」が入る補修は時間がかかります。

 

パテ埋めはとにかく「真っ平らにする」こと。これに全神経を集中します。

ただ埋めるだけでなく、しっかり周りとの高低差が出ないようにします。

 

塗装は特に最新の注意を払います。

まずは、色が他の部分と合ってるかどうか。

そして、ツヤも色んな角度から見て馴染んでいるかどうか。

光の当たり具合で補修箇所だけ浮いてしまう場合もあります。(方向変色と言います)

 

方向変色について参考になる動画がこちらにあります↓

https://www.youtube.com/watch?v=mmM12t-50S0

 

動画にもあるように「プロでも難しい」と言ってますが、まさにその通り!

材質によって全く違いますし、昼間と夜とでも見え方が違ってきます。

 

 

ですので、特に新築の補修の場合はお客様が新しい気持ちで住まわれるわけですから、弊社も特に気を配り補修します。

他の業者様が丁寧に作業して頂いたり、賃貸の場合は住まわれる方が綺麗に使用して頂ければよいのですが、人がやっていることなので仕方がありません。

弊社は「方向変色」にも気を配って施工しているということを皆さん覚えておいて下さい!

赤坂の巾木(ハバキ)補修

語りが多かった最近のブログ。
 
かっこつけすぎましたね(笑)。
 
 
 
本日はナチュラルに「補修」のお話です。
 
私が入社してすぐ、弊社代表の近藤と一緒に現場を回らせてもらってまして、
 
 
 
「今日は巾木の補修もあるよー。」
 
 
 
と。
 
 
 
「????「ハバキ」????」
 
 
 
そう。私はお恥ずかしながら「巾木(ハバキ)」を知らなかったのです。
 
近藤は知らないのを察したのか、
 
 
 
「あの、床と壁の間の段差になってるところ。よくホコリが溜まってる。」
 
 
 
あー!あの部分「ハバキ」って言うんだー!
 
 
 
 
 
世の中見たことがあっても知らない名称ばかり。
 
リペアをするにあたって、知らないのは致命傷です。。。。
 
(facebookにもそんな話を一度投稿しましたが。)
 
→facebookはこちら
 
 
 
他に
 
「鴨居(カモイ)」→引き戸状開口部の上枠として取り付けられる横木。
 
「笠木(カサギ)」→鳥居・塀・門などの上に横にわたす木。
 
 
 
など、知らない名称も沢山ありました。
 
 
もちろん、建築に精通していらっしゃる方なら当たり前。
ご年配の方には笑われそうです。
 
 
 
自分の事は置いといて、一般の方がお問い合わせする際に説明しにくい場所もありますよね?
そんな時は弊社HPのお問い合わせフォームや、手軽に写真が送れるワイズリペア公式LINEアカウントからお問い合わせ下さい。
 
【ワイズリペア公式LINEアカウント】
こちらからQRコードを読み取って下さい!

武蔵野市にあるマンション現場の補修

施工前
施工前

こんにちは!

 

今回は、武蔵野市にあるマンション現場の補修です。

 

洗面化粧台の台輪が水分を含んで膨らんでいました。

 

下地を整え成形し、同じ色を現場で調色し塗装して完了です。

渋谷区にある店舗の窓枠補修

施工前
施工前

今回は渋谷区にある店舗に行ってきました。

 

昼間は営業中と言う事で夜からの作業になります。

 

御覧の通り窓枠のペンキがボロボロです。

 

ペンキですとやはり耐久性、耐候性、に弱いため今回はウレタン塗装で仕上げました。

調布市多摩川のマンションにあるカウンターの焦げ跡補修

施工前
施工前

こんにちは!

 

久しぶりの投稿です。

 

今回は原状回復工事での仕事になります。

 

キッチンカウンターに焦げ跡が!!

 

何か熱いものを放置していたのでしょう!

 

次のお客様にこれでは貸せないと言う事で依頼を頂きました。

 

御覧の通りまったくわからない感じに仕上がりました。

神奈川県川崎市のマンション現場でのキッチンカウンター全塗装

施工前
施工前

一般のお客様のご自宅でカウンターの色を変えたいと言う事で伺いました。

 

既存のカラーレスの色をこげ茶に変えたいという要望です。

 

色を確認してもらいながら合わせていきました。

 

周りの雰囲気にバッチリ合ったと思います。