ホーム>スタッフブログ>場所から施工事例を見る>玄関・エントランス>ドア・シート貼り補修 ~港区浜松町~
玄関・エントランス

ドア・シート貼り補修 ~港区浜松町~

施工前
施工前

暑いとか、暑くないとかのレベルではなくなってきました。

暑さ寒さも彼岸まで!(まだ遠い。。。)

小3のときの将来の夢はマジシャンでした。花房です。

 

まだまだ職人も冷房のない現場で頑張ってます!

今回は、少し特殊な玄関ドアの「シート貼り」の施工の依頼が来ました。

 

皆さん、「シート貼り」の補修もあるということはご存知だと思います。

最近では100円ショップでも小さなものが売られるようになってきました。

 

しかし!

 

201782514254.jpg

 

今回は、範囲が広い!

だって、玄関ドアですもの。。。

しかも、ボコボコですもの。。。

(写真では分かり辛いのですが、何かで殴った跡みたいなのがあります)

 

何がこのお宅で起きたのか。

それは謎に包まれています。

 

さて、どういう工程でいきましたかと申しますと...

 

①まず、金具を全て取り外し、ドア自体も取り外します!

これが意外と大変。ドアって結構重いんです。

今回は金具も全て取り外しできるもので助かりました!

②広いスペースにドアを置き、下地を作っていきます!

ボコボコの部分をパテで埋め平らにします!

これは、職人技になってきます。

この「真っ平らにする」という作業が意外とできないのです。

実はシートはそのまま貼るのではなく、この下地作りを丁寧に

することが全ての鍵になっています。

③「プライマー」というものを塗ります!

プライマーとは「接着剤と表面との密着性を高める」ものです。

これをするのとしないのとでは大違い!

これで、シールみたいになっているシートがガッチしくっつきます。

④シートを貼る!

少しずつ、空気が入らないように、ズレないように貼っていきます。

細かい慎重な作業になりますので、これも職人技!

広範囲ですと、少しのズレが命取りに。。。

貼った後は、端をキレイに整えていきます。

⑤ドアを元に戻す!

せっかく貼ったシートがぶつからないように、細心の注意を払って

取り付けます。金具もしっかり忘れずに。

201782514446.jpg

元々の模様ににかなり近いシートがありましたので、

ほぼ新品みたいになりました!!!

 

悩まれていたお客様も満足していただけました。

この、住宅の悩みを解決できた時が

弊社の職人が幸せを味わえる瞬間です。

 

玄関ドア以外にも施工できます!

・お部屋のドア

・日焼けした出窓カウンター

・家具

・キッチン収納

・玄関収納

・クローゼット

・2Fの木製の平らな手摺

 

などなど、様々な住宅箇所に対応できます。

色や種類も豊富ですので、是非お考えの方は見て下さい!

3Mダイノックフィルムカタログ

リアテックカタログ

 

もちろん!模様替えにも最適です。

ご質問や不明点がございましたら、お電話かメールを頂ければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.w-repair.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/212