ホーム>スタッフブログ>場所から施工事例を見る>浴室の床のシート貼りリペア~埼玉県入間市~
場所から施工事例を見る

浴室の床のシート貼りリペア~埼玉県入間市~

施工前
施工前

急に寒くなって冬支度を急いでいる方も多いのではないでしょうか?

早速、私も冬の頼れるお方ヒートテック様を出しました!

裸でヒートテックだけを履くと江頭になりがちの花房です。

 

さて!本日は昨日に引き続き「シート貼り」の施工例です。

今回は浴室のシート。シート貼りでも少し特殊な施工です。

 

施工前の写真を御覧ください。

床の色が変色し、色が濃いところと薄い所がまだらになっています。

恐らく強い酸性の洗剤を使って清掃したかと思われます。

もちろん、経年劣化もあるとは思いますが。

 

さて、ここに浴室用シートを貼ります!

ものは老人ホームでも使用されているシートです。

特徴としては、、、

①冬でもヒヤッとしにくく、ヒートショックを軽減します。

②クッション性もあり、転倒時のショック吸収も期待できます。

③水に濡れても滑りにくい構造になってます。

④水はけもよく、乾きやすい素材です。

 

こんな魔法のようなシートをご存知でしょうか?

特にご年配のいらっしゃる住宅にはもってこいの浴室用シートです。

もちろん、老後の事も考えても特しかありません!

 

それでは作業開始!

 

①まず下地処理をしていきます。軽くペーパーをあてていきます。

20171019103634.JPG

②次に、ペーパーで出た粉を拭き取り、洗って脱脂します。

20171019103925.JPG

③乾燥させ、シートを浴室床の形に裁断するため細かく測ります。

20171019103410.JPG

④シートをカットしていきます。(今回は車庫をお借りしました)

20171019104041.JPG

⑤ある程度カットしたら、ピッタリ床の形になるよう微調整していきます。

20171019104151.JPG

⑥養生をし、専用のボンドを塗り、30分~60分放置します。

(この時間を取らなければ、ボンドからガスが出て剥がれる原因になります)

20171019104625.JPG

⑦時間をおいたら、いよいよシートを貼ります!

空気が入らないよう、ローラーなどでしっかり圧着していきます。

20171019104814.JPG

⑧圧着できたら、シートの縁をコーキングしていきます。

20171019105024.JPG

 

そして、完成!!!

施工後の写真を御覧ください!!!

 

時間としては半日強くらいかかりました。

シート貼りは細かい作業をどこまでできるかがキーポイントです。

 

ご依頼主も、前の床より性能もよくなりご満足頂けました!

これで、気持ちよく毎日お風呂に入って頂けますね!

 

お客様が弊社の施工で、気持ちのよい日々を送って頂けることがなによりの喜びです。

 

浴室関係でお困りの方は是非ワイズリペアにご相談下さい!!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.w-repair.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/226