ホーム>スタッフブログ>場所から施工事例を見る>床が変色してしまいました!~文京区湯島(御茶ノ水)~
場所から施工事例を見る

床が変色してしまいました!~文京区湯島(御茶ノ水)~

施工前
施工前

台風も近づいてきている最中

傘に防水スプレーをいしようと思いつつも

いつも忘れてしまう花房です。

 

さて!今回は少し家賃のお高めのマンションの床のリペアです。

 

施工前の写真をご覧になって下さい。

写真中央少し上あたりのところが変色しています。

何かこぼしてシミになってしまったのか。

 

しかも、お部屋で目立つ位置にあるので気になりますよね?

こういう床の少し広めの範囲の補修は技術力がいる施工です!

 

小さなキズで部屋の端にあるキズであれば生活目線であれば気になりませんが

広い範囲で、部屋の中央付近にあればリペアしてもリペア跡が気になるところです。

 

どうしてもリペア跡は方向変色(見る角度(光の入る方向)によって色違うように見える現象)をしたり

周りの部材と馴染まなかったりしますが、原因は半分は部材次第(どうしても方向変色してしまうもの)。半分は職人の技術次第!

 

施工後の写真をご覧になって下さい!!!

 

どこが変色していた部分なのかおわかりでしょうか?

引き出しの位置から照らし合わせて見てください。

施工後の写真だけ見て頂くと私も正直分かりません。

 

フローリングは液体が染み込んでしまったらほぼ跡が残ります。

絨毯やマットをずっと敷いている方はめくってみて下さい!

水やジュースなどこぼして、染み込んで、床まで到達し、濡れたまま放置した結果

シミになっていませんか?

湿気などで変色することもあります。

 

長く住まわれるお部屋だからこそ、今一度お部屋のメンテナンスをご検討下さい!

ワイズリペアがお手伝い致します♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.w-repair.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/227