ホーム>スタッフブログ>場所から施工事例を見る>洗面ボウルが劣化・破損したら?~目黒区洗足~
場所から施工事例を見る

洗面ボウルが劣化・破損したら?~目黒区洗足~

施工前
施工前

東京吉祥寺。

台風は去りましたが、風の強さが半端ない!!!

建築関係の方は高所作業気をつけて下さいね。

ご安全に!

 

さて、今回は洗面ボウルが劣化・破損したらどんな方法があるかご紹介致します。

 

洗面ボウルは、ほぼ毎日使用する場所です。

歯磨き、髪のセット、トイレの後など家にいれば必ず関わります。

 

洗面ボウルの材質は、大きく分けて3つ。

①陶器

②ホーロー

③人工大理石

 

これが一般的ですが、殆どの住宅は「陶器」が多く使用されています。

 

「陶器」は小さなキズはつきにくいですが、

化粧水や整髪料の瓶や電気シェーバーなどのような硬くて重いのものが落ちてしまうと、案外あっさりと破損してしまいます。

できるだけ、洗面台の上や収納には重くて固いものは置かないほうが得策です。

割れた洗面ボウルを部分的に修復することは難しく、破損した場合には洗面ボウルの交換、あるいは洗面化粧台そのものの交換が必要になります。

 

それでは、洗面ボウルを交換するとどのくらいの費用がかかるのでしょう?

一般的には、洗面ボウルの交換費用は5万円~30万円程度で、洗面台自体を交換すると10万円~80万円が相場のようです。

(HPなどで安く記載していても、全体的にかかる費用は「材料費」+「作業費」+「出張費」+「駐車料金」などが加算していきます)

交換は作業自体、大掛かりになります。

もちろん、破損がひどいものに関しては交換のほうが良いかと思われます。

 

しかし!少しのキズで、キレイにされたい方は是非弊社のリペアをご検討下さい!

過去の施工事例をご覧になって頂ければと思いますが、ヒビが入った部分などはリペアでも対応出来ます。

もちろん、固いものでこすり過ぎて剥げてしまったり、表面上劣化が進んでいるものについても可能です。

 

ワイズリペアでは、水回り専用の塗料などを使用しておりますのでそこもご安心頂けます。

 

施工前と施工後の写真を見比べて下さい!

 

劣化でキズがついたり、薄汚れているのもなくなり

光沢感も出てピッカピカになりました!

これで毎日気持ちよく髪をセットしたり、顔を洗ったり、歯を磨いたり、

気持ちよく生活出来ますね!

 

マンションのオーナーさんであれば、入居率もアップ間違い無しです!

(水回りの綺麗さは特に見られますよね?)

 

洗面ボウルであれば弊社では殆どの場合1日で施工は終わります。

「早く」「キレイに」「交換よりも安く」されたい方は是非ご相談下さい!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.w-repair.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/230