ホーム>スタッフブログ>場所から施工事例を見る>階段の蹴込み板に穴が!~杉並区和泉~
場所から施工事例を見る

階段の蹴込み板に穴が!~杉並区和泉~

施工前
施工前

ワイズリペアのGWも終わり、また元気に活動しております!

いきなり暴風雨の休み明け。

健康診断で自分の驚愕の体重に、今この瞬間は痩せようと思っている花房です。

 

さて、今回ご紹介するのは「階段の蹴込みの穴の補修」です。

 

「蹴込み板ってなに?どこ?」

 

って思ってる方もいらっしゃいますよね?

階段の側面部分を「蹴込み板」といいます。

因みに踏むところを「段板」や「踏板」と言います。

 

施工前の画像を御覧ください。

なぜ穴が空いているかは不明ですが、とにかくこれをきれいに塞がなければなりません!

塞ぐだけではいけません!

もちろん、他の部分と馴染むようにするのが職人の技!

 

穴をしっかり埋めて。。。

真っ平らになるように何度も触りながら削って。。。

光の具合も気にしながら塗装をして。。。

木部なので木目もしっかり描いて。。。

 

施工後を御覧ください!

 

どこに穴があったか分かりますでしょうか?

もちろん、この穴を塞ぐだけが現場の仕事ではありません。

他にも大小多数のキズがあります。

それを1日の時間配分を考え施工しています。

 

クオリティーとスピードをしっかり考えながらワイズリペアは補修します!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.w-repair.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/241