ホーム>スタッフブログ>部材から施工事例見る>特殊補修

特殊補修

【補修】FRP洗面台の劣化補修〜都内マンション現場〜

202242017292.JPG

 

 

こんにちは!

閲覧いただきありがとうございます。

 

今回はfrpの洗面台の補修事例のご紹介です。

 

画像のようにかなり劣化が激しい状態ですよね、、

黄ばんでいて表面がガサガサです。

 

これでは次に住われる方が快適に使用できませんよね。

この状態を見て普通なら新しいものへと交換することを考えるかと思います。

 

しかし、よく見てみると大きな割れなど強度的に問題のある劣化が見られません!

 

つまり、この状態であれば補修が可能です!

 

補修で対応可能ということは、原状回復コストが削減できるということです!

 

今回はその判断のもと、劣化部分をサンダーやパテを使い整え

塗装をすることでアフター画像のように綺麗にさせていただきました!

 

賃貸マンションの大家さん、管理会社のご担当者様

原状回復工事でお悩みがございましたら

是非、私共にご相談ください!

 

 

【補修】浴室タイルのビス穴埋め~港区タワーマンション~

202111615587.jpg2021116155825.jpg

 

こんにちわ!

閲覧いただきありがとうございます。

 

今回は浴室内タイルの補修です!!

同じような状態でお困りの方に、解決策の一つとして参考にしていただければと思います。

 

さて、今回の事例は浴室内の棚の取り付け位置をずらした際に、前のビス穴が残ってしまった様子。

 

今回は浴室内ですが、他にもクローゼットやリビングの壁面収納など

位置をずらしたりしてビス穴が残ってしまうこと、、ありますよね。

 

木材や壁の穴の補修なら、補修できそうだけど

タイルって補修できるの?

 

と思われた方も多いのではないでしょうか?

 

もちろん、タイルの材質にもよりますが、、

ワイズリペアなら補修可能です!

 

【作業工程】

・施工箇所の下地処理(足付け、プライマー等)

・エポキシ樹脂系のパテを調色

・充填

・平滑処理

・場合によって質感合わせ(磨きや研磨等)

 

このような工程でアフター画像のように!

 

作業工程の中に、他の事例のような塗装工程が含まれていないのをお気づきでしょうか?

パテの調色を完璧に行わなければならず、高難易度な補修方法の一つです。

 

補修会社さんによっては、通常の補修のようにパテ処理後塗装を行うところも多いですが、

今回の場合、パテ埋めのみで目立たなくさせていただきました!

 

理由は、塗料の密着性があまりよくないタイルで、しかも水回り。

もちろん洗剤やスポンジでお掃除されますよね。そうなると、、、。

 

後々の耐久性も考えて、綺麗に補修させて頂きました!

状態や予算に合わせて最適な補修方法をご提案させていただきますので、

 

お困りのことがございましたら、是非一度お問い合わせフォームよりご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイル花壇の欠けリペア!!~所沢市戸建てリフォーム後補修~

2021718173411.jpg2021718173459.jpg

 

こんにちわ!

閲覧いただき、ありがとうございます!

 

今回は、花壇のタイルが欠けてしまった!という箇所の補修事例をご紹介!

同じような状態でお悩みの方に、解決策のひとつとして参考にしていただければと思います!

 

さて、今回の事例は画像のような石調のタイルの花壇が、

割れて取れてしまっている状態!

 

工事中に車や工具をぶつけてしまった業者の方や、

お花のお手入れ中に何かの拍子で割ってしまった!

 

などなど、室内の木部や金属部に比べて多くはないですが、

たまにこういったご依頼もお受けします。

 

割れた破片を再接着するだけでも良いですが、

やはりつなぎ目が出てしまって気になりますよね、、、

 

通りに面した場所など目立つところに多い花壇では、

細かい部分でも目立ってしまいます、、

 

そこで、ワイズリペアの出番です!

 

【補修工程】

202171818425.jpg

・破片が残っていたので、エポキシ接着剤で再接着。

・破片が欠損している部分にセメント系補修材を着色剤、添加剤を混ぜて充填。

・ルーターなどの工具を使い、質感、凹凸を再現

・専用着色剤で着色、柄の再現

・完成!!

 

このような工程でアフター画像のように!

 

同じタイルでも、ざらっとした質感やツルっとしたものなど様々。

それに応じて、材料ややり方も変えていきます!

 

状態や予算に合わせて最適な補修方法をご提案させていただきますので、

お困りのことがございましたら、ぜひ一度お問い合わせフォームよりご相談ください!!

洗面ボウルのヒビ割れ~渋谷区桜丘~

施工前
施工前

新年度を迎え、弊社も新しい仲間が入社いたしました!

少しづつですが、人数も増えワイズリペアもしっかりと成長していきたいと思います!

 

さて、今回ご紹介するリペアは「洗面ボウルのヒビ割れ」の補修です!

施工前の写真を御覧ください。

 

賃貸物件や、中古の物件によくあるのが蜘蛛の巣のようなヒビ割れです。

また、新品でもドライヤーや化粧水の瓶を落としてしまい割れてしまったというお問合わせも多いです。

 

それでは、なぜそのままになっているか。。。。

 

というと、同じものが「製造中止・廃番になっている」ケースが圧倒的です!

また、海外の製品で取寄せないといけないケースもあります。

他の代用品がないかと尋ねられれば、なくはないとは思いますが、ぴったりではないので新たに工事をしなければなりません。

もちろん、材料費や施工費、訪問料、さらに駐車場代もかかってくる場合もあります。

 

となれば、リペアという選択肢が浮上してきませんか?!

 

もちろん、ヒビ割れ部分ははライニング補修をし、漏れがないようにします。

また、弊社では特殊な水回りの塗料を使用しますのでご安心を。

 

写真のような施工であれば1日で終了します。

リペアなので、大掛かりに取り外したり付けたりすることはありません。

費用も傷の状態にもよりますが、おおよそ45,000円~55,000円(税抜)からできます。

 

費用面でも、施工面でもリペアにメリットは沢山あります。

諦めて交換をお考えのお客様、また交換できないお客様!

是非弊社の「洗面ボウル補修」をお試し下さい!!!

 

洗面ボウルが劣化・破損したら?~目黒区洗足~

施工前
施工前

東京吉祥寺。

台風は去りましたが、風の強さが半端ない!!!

建築関係の方は高所作業気をつけて下さいね。

ご安全に!

 

さて、今回は洗面ボウルが劣化・破損したらどんな方法があるかご紹介致します。

 

洗面ボウルは、ほぼ毎日使用する場所です。

歯磨き、髪のセット、トイレの後など家にいれば必ず関わります。

 

洗面ボウルの材質は、大きく分けて3つ。

①陶器

②ホーロー

③人工大理石

 

これが一般的ですが、殆どの住宅は「陶器」が多く使用されています。

 

「陶器」は小さなキズはつきにくいですが、

化粧水や整髪料の瓶や電気シェーバーなどのような硬くて重いのものが落ちてしまうと、案外あっさりと破損してしまいます。

できるだけ、洗面台の上や収納には重くて固いものは置かないほうが得策です。

割れた洗面ボウルを部分的に修復することは難しく、破損した場合には洗面ボウルの交換、あるいは洗面化粧台そのものの交換が必要になります。

 

それでは、洗面ボウルを交換するとどのくらいの費用がかかるのでしょう?

一般的には、洗面ボウルの交換費用は5万円~30万円程度で、洗面台自体を交換すると10万円~80万円が相場のようです。

(HPなどで安く記載していても、全体的にかかる費用は「材料費」+「作業費」+「出張費」+「駐車料金」などが加算していきます)

交換は作業自体、大掛かりになります。

もちろん、破損がひどいものに関しては交換のほうが良いかと思われます。

 

しかし!少しのキズで、キレイにされたい方は是非弊社のリペアをご検討下さい!

過去の施工事例をご覧になって頂ければと思いますが、ヒビが入った部分などはリペアでも対応出来ます。

もちろん、固いものでこすり過ぎて剥げてしまったり、表面上劣化が進んでいるものについても可能です。

 

ワイズリペアでは、水回り専用の塗料などを使用しておりますのでそこもご安心頂けます。

 

施工前と施工後の写真を見比べて下さい!

 

劣化でキズがついたり、薄汚れているのもなくなり

光沢感も出てピッカピカになりました!

これで毎日気持ちよく髪をセットしたり、顔を洗ったり、歯を磨いたり、

気持ちよく生活出来ますね!

 

マンションのオーナーさんであれば、入居率もアップ間違い無しです!

(水回りの綺麗さは特に見られますよね?)

 

洗面ボウルであれば弊社では殆どの場合1日で施工は終わります。

「早く」「キレイに」「交換よりも安く」されたい方は是非ご相談下さい!

浴室の床のシート貼りリペア~埼玉県入間市~

施工前
施工前

急に寒くなって冬支度を急いでいる方も多いのではないでしょうか?

早速、私も冬の頼れるお方ヒートテック様を出しました!

裸でヒートテックだけを履くと江頭になりがちの花房です。

 

さて!本日は昨日に引き続き「シート貼り」の施工例です。

今回は浴室のシート。シート貼りでも少し特殊な施工です。

 

施工前の写真を御覧ください。

床の色が変色し、色が濃いところと薄い所がまだらになっています。

恐らく強い酸性の洗剤を使って清掃したかと思われます。

もちろん、経年劣化もあるとは思いますが。

 

さて、ここに浴室用シートを貼ります!

ものは老人ホームでも使用されているシートです。

特徴としては、、、

①冬でもヒヤッとしにくく、ヒートショックを軽減します。

②クッション性もあり、転倒時のショック吸収も期待できます。

③水に濡れても滑りにくい構造になってます。

④水はけもよく、乾きやすい素材です。

 

こんな魔法のようなシートをご存知でしょうか?

特にご年配のいらっしゃる住宅にはもってこいの浴室用シートです。

もちろん、老後の事も考えても特しかありません!

 

それでは作業開始!

 

①まず下地処理をしていきます。軽くペーパーをあてていきます。

20171019103634.JPG

②次に、ペーパーで出た粉を拭き取り、洗って脱脂します。

20171019103925.JPG

③乾燥させ、シートを浴室床の形に裁断するため細かく測ります。

20171019103410.JPG

④シートをカットしていきます。(今回は車庫をお借りしました)

20171019104041.JPG

⑤ある程度カットしたら、ピッタリ床の形になるよう微調整していきます。

20171019104151.JPG

⑥養生をし、専用のボンドを塗り、30分~60分放置します。

(この時間を取らなければ、ボンドからガスが出て剥がれる原因になります)

20171019104625.JPG

⑦時間をおいたら、いよいよシートを貼ります!

空気が入らないよう、ローラーなどでしっかり圧着していきます。

20171019104814.JPG

⑧圧着できたら、シートの縁をコーキングしていきます。

20171019105024.JPG

 

そして、完成!!!

施工後の写真を御覧ください!!!

 

時間としては半日強くらいかかりました。

シート貼りは細かい作業をどこまでできるかがキーポイントです。

 

ご依頼主も、前の床より性能もよくなりご満足頂けました!

これで、気持ちよく毎日お風呂に入って頂けますね!

 

お客様が弊社の施工で、気持ちのよい日々を送って頂けることがなによりの喜びです。

 

浴室関係でお困りの方は是非ワイズリペアにご相談下さい!!!

 

食洗機の角の塗装が剥げたら!?~港区青山~

施工前
施工前

10月でも半袖でいけちゃうこの異常気象。

まだまだ熱中症の油断できませんね!

寒暖差で皆さん、風邪をひかないよう気をつけて下さい♪

 

さて!本日ご紹介するのは「食洗機の角」!

 

住宅の部分でも、稼働が多い部分は劣化が激しいです。

また、稼働が多い分壊れるのも早い場合もあります。

ドアなどは特にそうですよね?

 

今回は毎日でも使う、備え付け食洗機のリペアです!

 

角に何かがぶつかったのか、閉めた衝撃で剥がれていったのか。。。

特にヒビが入るようなキズは早めにリペアをしておかないと

衝撃でどんどん塗装も剥がれていってしまいます!

そうすると次第に広範囲になって手がつけられなくなる場合もあります。

 

補修後を御覧ください!

 

シルバー色もキレイに馴染んで、これで気にせず入居者様も使用できます!

キッチンは毎日使う場所。

特に女性の方はキレイじゃないと、お料理も食器洗いも嫌になりますよね?

 

食洗機以外にも、備え付けで買い替えができない部分や

買い換えるとかなり高額になってしまうものはリペアのご相談を!

 

先日ブログに書いた飲食店のカウンターはリフォームすると驚きの価格になります。

浴槽についても、入れ替えると材料費や施工費でかなりの出費になります。

 

リペアは交換より費用が安くできる方法の一つです。

キレイな住宅であれば、特にオーナー様、管理会社様は入居者様が見つかりやすい!

施工によっては工期も入れ替えよりもぐっと縮められる可能性もあります!

 

是非とも交換、リフォームをお考えの方は一度ワイズリペアにご相談下さい★

洗面ボール補修(大田区)

施工前
施工前

3回連続のワイズリペアの紹介で若干燃え尽きそうになってます。

吉祥寺atleで食品コーナーをうろちょろしている花房です。

 

久しぶりですが、最近の補修の画像が届きましたのでご紹介致します。

今回ご紹介するのは「洗面ボールひび割れ補修」!

 

毎朝最初に使用するのは皆さん「洗面所」ですよね?

そして、寝る前にも使用するのが「洗面所」ですよね?

言わば、洗面所は1日の最初と最後の締めくくりの場でもあります。

 

施工後の写真を見て下さい!

 

ヒビ割れた洗面ボールを毎日見ながら過ごすのか。

ヒビ割れた洗面ボールとはオサラバして気持よく1日の始まりと終わりを迎えるのか。

 

「交換」となると、モノや業者さんによりますが7〜30万円は相場でかかると言われています。(洗面ボール+交換工事費です。)

もちろん、ワイズリペアはそれよりもお安く補修することが可能です。

 

最も、費用がかかることは変わりありませんが、入居の際綺麗にして欲しいとか、退去の際にひび割れの弁償をしないといけないとか、様々なケースでご利用頂いてます。

そんな心配がある方は一度大家さんや、管理会社さんに相談してみて頂いてはどうでしょうか?

「そのくらいの金額なら・・・」となるかもしれません(笑)!

弁償にしても、交換よりは安いので喜んで頂いております。

 

洗面ボールを綺麗にしたい方、ご興味がある方は、一度他の業者様に交換費用を見積もってもらい、ワイズリペアにご相談下さい。

お問い合わせはこちら

 

賃貸物件の方は安心のために、戸建ての方はこれからの毎日のために是非ワイズリペアをご利用下さい。

練馬区にあるアパートの鏡面扉補修

施工前
施工前

こちらの案件は写真ではわかりずらいですが、キッチンの鏡面扉の傷になります。

 

施工前は、下地まで剥がれており木材が露出していました。

 

鏡面扉はかなり補修としては難しく難易度が高めです。

 

難易度高めの案件は当社にお任せ下さい。

 

 

調布市にある木造アパートの浴室再生塗装

施工前
施工前

こんにちは!

 

久しぶりの投稿です。なかなか投稿できなくてすみませんでした。

今回の案件は調布市にあります木造アパートの浴室再生塗装です。

 

施工前はシミなどで汚れていましたが、御覧の通り施工後は新品同様の仕上がりになりました。

 

浴室など水回りの補修は当社までお問い合わせ下さい。